うつ病の治療法③精神療法(心理的治療)

休養や投薬による治療のほかに、カウンセリングを中心とした心理的療法も効果があるとされているのがうつ病の大きな特徴です。

それ単体ではうつ病は治癒しませんが、補助的な役割として心理的療法は「うつ病のぶり返しを防ぐ」など一定の効果があるとされています。

心理的療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

・筋弛緩法

うつ病は身体が緊張状態にあることが多く、それをほぐしてリラックス効果を得るために開発されました。

アメリカの生理学者であるジェイコブソンによって提案された「漸進的リラクゼーション」が草案となっています。

首や肩などの身体の一部に6~7秒ほど極端に負荷をかけ、一気に脱力します。

それを数回繰り返すことにより、身体に「力を抜いた状態」を覚えこませるのです。

筋弛緩法を継続的に行うと、心拍数の安定や手足の冷えの改善、安眠などの効果が得られるとされています。

・支持的精神療法

文字どおり、患者を支持することにより精神の安定を得る心理療法です。

まずは患者の話に耳を傾け、ストレスや悩み、不安などをすべて吐き出してもらいます。

それに対し「それはとても辛かったですね」といった共感の念を与えることにより、自分のつらさを理解してくれる人がいるという安心感を得ることができます。

否定的な態度や意見は厳禁です。

うつ病治療のカウンセリングで最も一般的に行われている方法です。

・認知行動療法

うつ病によって生じた患者の思考・行動を把握・分析し、正しい方向へ導く心理療法です。

うつ病の患者の大半には「自分は何をやってもダメだ」「この先生きていてもいいことなんか絶対にない」「自分は生きている価値がない」といった思考パターンがみられ、一般的に「認知のゆがみ」といわれています。

「なぜそう思うのか」といった理由づけから、例えば「何をやってもダメ」という考えに対し、本当にそうなのか、ダメではなかった出来事はひとつもないのか、過去の小さな成功体験はなかったかと芋づる式に答えを導き出すという方法です。

認知のゆがみに「気づき」を与えることによって、客観的な思考パターンを身に付けることが目的です。

・対人行動療法

主に人間関係が起因とされるストレスによるうつ病の患者に用いられます。

ストレスの元凶となった「人」そのものに焦点を当て、自分が今後どのような行動をとればその人とのストレスを回避することができるかを学びます。

正面から対峙するのではなく「トラブルをかわしてうまくやっていけるような思考、行動パターン」のスキルを身に付ける療法です。