doctor-563428_1920

うつ病は具体的にどんな病気?

誰しも、生きていれば気分がすぐれなかったり、落ち込んだりすることがあります。

気分転換をしたり楽しいことがあったら、自然と気分も上向きになりまたいつもの調子に戻ることが普通ですが、何をやっても気分がすぐれず落ち込んだ状態が続いてしまうことがあります。

そんな状態が続いたときに疑ってしまう症状の代表格が「うつ病」です。

今では誰もが知る病気のひとつであるうつ病ですが、落ち込みが続いただけでうつ病といえるのでしょうか。

うつ病とはいったい、どんな病気なのでしょう?

うつ病は心の病気と呼ばれていますが、実は脳内にある神経伝達物質のひとつであるセロトニンやノルアドレナリンが減少することにより引き起こされる心身の不調を指します。

神経伝達物質が減少する外的要因は、ストレスやショックな出来事、本人の生育歴や性格など様々です。

もちろんうつ病の症状は誰もが同じではありません。

軽度なものから重度なものまであり、それにより治療方法なども変わるのが一般的です。

【軽度】

・抑うつ状態が続く

・眠りが浅い、中途覚醒してしまう、昼間眠くなるなどの睡眠障害

・食欲がない、性欲がないなどの身体的症状

・身体がだるい、肩こり、頭痛がするなどの自律神経的症状

・何とか日常生活は送ることができ、仕事にも行ける状態のため、周りに気づかれにくい

【中度】

・強い抑うつ状態

・朝起きれなくなり、仕事の遅刻・欠勤が多くなる

・仕事のミスが多くなったり、約束を忘れたりするなど支障が表れる

・意欲の低下が起き、何もしたくない状態が続く

・部屋が片付けられない、家事をこなせないなど日常生活にも支障が出る

【重度】

・仕事や家事は全くできない状態

・慢性的な倦怠感のため、一日中横になっていることが多くなる

・入浴や食事などの日常生活を送ることそのものが困難になる

・抑うつ気分が重度化し「自分は価値のない人間だ」「自分がすべて悪い」といった自責の念にかられる

・いなくなりたい、消えてしまいたいなどの希死念慮

症状の重さに関わらず、「うつかも?」と感じたら必ず心療内科を受診しましょう。

◎詳しくはコチラ・・・うつ病でお悩みの方 | 磁気刺激によるうつ病治療なら新宿ストレスクリニック

軽度のうつ病の場合は漢方薬やカウンセリング、十分な休養などの生活指導などである程度改善します。

中度・重度の場合は抗うつ剤や精神安定剤の投薬を中心に、必要であればカウンセリングのひとつである認知行動療法を受けます。

風邪のようにすぐに治ることはありません。

少しずつ、長い目で治療していくことになります。